中国語と英語の違いを徹底解説

中国語と英語の違いを徹底解説

中国語と英語を勉強する時の違いはあるの?_

現在中国語に対して興味を持つ人が増えてきています。なぜなら、中国語の需要が高くなってきているからです。
中国語の学習を進めていくにあたり、以下のような意見を聞いたことはありませんか?
「中国語は英語と似ている!」「中国語と英語はほとんど同じ!」
このような意見は何を根拠にして語られているのでしょうか?中には中国語は英語とほぼ同じということを断言している人もいます。中国語の勉強をしたいと考えている方にとって、中国語と英語の違いは気になる点ではないでしょうか?
そこで、今回の記事では中国語と英語の違いについて徹底的に解説していきたいと思います。
※日常会話がギリギリできるレベルまでの学習難易度の違いを比較します。

中国語の取得の需要は年々上がり続けています。
世界的に見ても、中国は経済成長により国際的な影響力を強くなってきているのです。
中国の経済は成長の一途を辿っています。中国経済が成長することにより、中国は国際的な影響力が強くなっているのです。
そのような背景もあり、中国語は英語同様に公用語として認知されていきます。
世界の共通語に君臨している英語を上回ることも予想されており、中国語を利用する人口はなんと12億人を超えてきているのです。
それに比べて英語の取得者数は13.1億人前後です。
今後、中国語は英語よりも上回ることが予想されているため、中国語を先発的に学習することで数少ない中国語習得社としての立ち位置を確立することができるので、中国語学習はおすすめです。

中国語を学習する必要はあるのか?または英語より重要なのか?

中国語学習と英語学習どっちが難易度が高い?

中国語と英語を学ぼうとしている方にとって一番気になるところはそれぞれの難易度ではないでしょうか。
結論、英語の方が難易度が高いとされています。
なぜなら、英語はその時の状況によって動詞や文法が変化するからです。
英語を例に挙げると以下の通りです。

変化前変化後
I jog.
(ジョギングをしています。)
I am Jogging.
(私はジョギングをしています)

といったように状況に応じて動詞の形が変化します。
上記の例文は簡単でわかりやすいですが、これが長い文法になればなるほど複雑で難しくなります。

結論!中国語と英語の類似点は少ない

勉強したくない原因を探ることは、子供だけでなく親にもゆとりを生む

中国語と英語は似ていると言われますが、それぞれの類似点はほぼありません。
まず、中国語と英語が似ているならば、中国人のほとんどが英語を喋れるはずです。
しかし現実をみてみると、中国人も日本人同様に英語に対する苦手意識を持っている方がほとんどなのです。
もし仮に似ているなら、もっと英語を喋れる中国人が多くても違和感はありませんよね。
英語を話せる中国人に中国語と英語の文法はどれくらい似ているのかと質問すると、10%程度しか似ていないと答える中国人が多かったのです。
このように中国語と英語は全く違うのです。
ここからは文法・語彙・発音の3つの違いについて解説していきたいと思います。

結論!中国語と英語の類似点は少ない

文法の違い

中国語を学習するにあたり一番大切なのが文法についてです。中国語は文法が圧倒的に少なく非常にシンプルです。

・中国語にはTheなどの冠詞がない
・中国語の名詞は単数・複数の違いがない
・中国語の動詞は過去形・未来形の活用変化がない

基本の語順はSVOですが、修飾の品詞が加わる時は文型が大きく異なります。
また、英語にある複数形や単数形の違いがありません。さらに過去形や未来形での動詞の語形変化がなかったりなど、英語に比べると文法が非常にシンプルで容易に取得することができます。
このように、英語と中国語で文法に大きな違いが現れます。
小学生〜高校生の時に英語を学んだことがあると思いますが、英語の文法は非常に複雑で徹底的に学ばなければ文法を覚えることはできません。
それに比べて中国語は非常にシンプルで文法の学習では中国語の方が簡単であると言えます。

語彙の違い

外国語学習において単語の暗記はある程度必要です。
語彙学習は半分以上が単語などの暗記が重要であると答える方も多いのです。
英語を例に挙げてみましょう。
以下の三つの単語を英語に変換してみてください。

・りんご
・紙
・コップ

この3つの単語を英語で言うことはできるでしょうか?答えは、

・りんご ⇒ apple
・紙 ⇒ paper
・コップ ⇒ cup

となるでしょう。
ではこの3つの単語を中国語で発音してと言われたらできるでしょうか?
中国語ではこの3つの単語は

・りんご ⇒ 苹果(ピングゥオ)
・紙 ⇒ 纸(ズィイ)
・コップ ⇒ 杯子(ベェイズィ)

となります。

おそらくほとんどの日本人の方が答えられないと思います。
英語は小学生の必修科目になっていることから、小さい頃から触れる機会が多いのです。
触れる機会が多ければ多いほど、日本に浸透していることになるので自然に簡単な単語なら日本人でも変換することができるのです。
しかし、中国語は現在の日本には深く浸透していないため中国語で答えてみてと言われてもほとんどの方が答えられないのです。
つまり、中国語学習を始めるにあたり中国語の単語学習は必須であり、ほぼ無知識の状態から始めることになります。
このように、昔から浸透していると言う意味では語彙に関する部分では英語の方が簡単であると言えるでしょう。

発音の違い

中国語と英語はどちらも日本語にはない発音をします。
実際に発音してもらえたらわかると思いますが、発音には大きな違いがあります。
英語も中国語も発音に特徴があり習得は難しいです。
英語の発音はイントネーションが重視されており、抑揚と強弱をつけながら発話しなければいけません。
それに比べて、中国語は同じトーンで連続的に発音することができます。
中国語には拼音といったローマ字表記で表音化されたものがあります。それを読むことでより具体的な発音方法を習得することができます。
それに中国語には拼音と音の上げ下げを示す四声と言われる要素があります。
このように、英語と中国語はどちらとも発音が難しいです。
しかし、比べてみると英語の方が発音やイントネーションを重視する傾向にあるため、英語の方が発音が難しいと言えるでしょう。

中国語と英語結局どっちが難しい?

勉強したくない原因を探ることは、子供だけでなく親にもゆとりを生む

結論を言うと中国語の方が難しいです。以下は英語と中国語の難易度表です。

英語中国語
文法33
単語34
読解34
リスニング45
発音45
平均3.44.2
1 非常に簡単 2 簡単 3 普通 4 難しい 5 非常に難しい

上記で解説させていただきましたが、中国語は英語に比べて文法と読解が簡単です。特に読解の場合は漢字の羅列が並んでいるだけなので、日本人なら漢字を組み合わせて読み解くことができます。
単語を覚える作業も英語に比べれば簡単です。そして、中国語で一番難しいのは発音です。
日本語にはほとんどない発音がたくさんあるのです。
中国語のリスニング問題はそこまで速度がないのでしっかりと聞き分けることで読解はできます。
英語の場合は速度やネイティブ発音、舌や抑揚により、さらに聞き分ける難易度が高くなるのです。
このように総合的にみてみると英語の方が圧倒的に難しいことがわかっていただけましたでしょうか?

中国語と英語結局どっちが難しい?

この点には気を付けよう!

上記で中国語の方が簡単と書きましたが、冒頭にも書きましたように、あくまでもある程度のレベルまでの中国語と英語の比較です。深くネイティブと議論をかわしたり、言葉遊びをできるレベルに達するようになることを考えると実は「中国語の方が圧倒的に難しく」なります。
この理由は、どの言語でもそうなのですが、特に中国語には「裏の理由・意味」のように中国人同士でさえ「難解だ!」と思う事がよくあります。
実際に、中国語と英語を第二言語として習得した方々に聞いたことがありますが、「ある程度のレベルまでは、日本人なら中国語の方が勉強しやすいと思うけど、深く学ぼうとしないほうが良いよ」とみなさん口をそろえて言います。

まとめ

勉強したくない原因を探ることは、子供だけでなく親にもゆとりを生む

いかがでしたでしょうか。
ここまで英語と中国語の違いについて徹底的に比較してきました。
ここまで細かく読んでいただけた場合わかるかもしれませんが、中国語の方が圧倒的に簡単だと言うことがわかったと思います。
さらに、日本人は中国語学習に向いているのです。
小さい頃から漢字に触れて育ってきています。中国語は漢字をベースに構成されています。
中国語は漢字がわかれば学習がさらに進めやすいのです。
これから学習しようと考えている方は、難しいから諦めるということはせずに、むしろ日本人だからチャンスと思って勉強を進めてみてはいかがでしょうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。