効率よく勉強するために脳を知ろう<エビングハウスの忘却曲線>

勉強の環境を整えよう 学習効率アップ

 何度も何度も英単語や数式、化学や社会など暗記必須項目を暗記しようと頑張った!けど…その日はなんとなく覚えた感じはあるけど翌日以降になるとなんかうる覚えでしかなかった。「自分の勉強方は間違ってるのかな?」と不安になる方はすごく多いと思います。しかし!ヒトの脳というのは、そもそもが忘れることができるように創られており、忘れて当たり前だという事を覚えておきましょう。(忘れることを覚えるって何度か違和感があるでしょうがそうなのです。)

 その「忘れる」という事に要した時間を示したのグラフが「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれるもので、これを知っておくことにより、どのタイミングで復習をすればいいのか?どうやって勉強をすればいいのか?自分はエビングハウスの忘却曲線よりも効率的に物事を覚えれるヒトなのか?そうでないのか?など特徴を知ることができます。

勉強を始める前に自分を理解して、より効率的な勉強に取り組めるよう活用してください。

エビングハウスの忘却曲線とは

脳は、1回勉強したことをたった1週間後に80%も忘れるとされています。これには個人差はあれど、「時が経過するほど忘れる」とされています。

忘却率の紹介

1時間後 ⇒ 55%を忘却
1日後  ⇒ 75%を忘却
1週間後 ⇒ 77%を忘却
1カ月後 ⇒ 80%を忘却

 上記のようにどんどん物事を忘れてしまい、それらの時間と記憶の関係を示したグラフを「エビングハウスの忘却曲線」と言いいます。

 しかし、復習をすることによって忘却曲線は急激に上がり、初めて暗記を行った時の忘却曲線よりも緩やかな下降を描くようになります。

初回の忘却曲線から緩やかに変えよう

勉強する時の記憶曲線
エビングハウスの忘却曲線と復習の関係性

 上のグラフを見ても分かるように、復習しなかった場合の下降曲線はものすごく急激に下がっていますね。たった1度だけの勉強では簡単に物事を忘れてしまうという事です。ではこの法則を変える方法はあるのか?というと、復習をすることによって、グラフの形を変えることができます。

オレンジの記憶曲線を見ていきましょう。復習をすることによってだんだんと忘却曲線が緩やかになっているのが分かります。何度も何度も復習することにより「脳への記憶の固定化」が起っているのです。例えば、5回目の勉強時の忘却曲線は復習をしていなかった時と比べて、ものすごく緩やかです。

効率の良い勉強サイクルは?

効率の良い勉強サイクルは、「復習の間隔を、1週間後に1回目、2週間後に2回目、4週間後に3回目」というサイクルが最も効果的と立証されています。

ただし、平均値ではありますので、自分の忘却曲線が平均値と比べてどの程度なのかを知ることにより、サイクルを長くもなりますし、短くもなります。

まずは、英単語の暗記などで自分の平均が、上記グラフと比べてどの程度差があるのか知りましょう。

アウトプットの重要性

一度目の勉強で1つの内容を覚えるのに5回以上繰り返す、さらにできれば音読するなどの方法は暗記において最も必要性の高いことだと言えるでしょう。

または、勉強後に総復習としてさっと目を通すだけでも記憶の固定化に繋がり、復習としてはすごく効果的です。

また、次の日は、 短い時間でも前日勉強した内容からさっと復習するだけでも記憶に繋がります。

ですので、一度勉強しただけでは「勉強」とみなさず、最低でも3度は同じ内容に目を通して勉強効率を上げていきましょう。

学校でよく言われる予習、復習が大切というのは3度同じ内容に目を通すことになるので、実は理に適っているのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました