学費・塾代の削減に無料コンテンツをつかおう

学費・塾代の削減に無料コンテンツをつかおう

楽天商圏を大いに活用しましょう!!

パパママ世代(平均して30代以上)が、子供だった頃に比べて、飛躍的に増えているのが無料コンテンツです。その代表例が「Youtube」ですね。バイリンガルとして英語や中国語を配信している方、ネイティブとして英語や中国語を配信している方、その他にも英検やTOEICなどの資格試験を専門に配信されている方など、非常に多種多様で、年々その質は高くなってきています。このページではそんな無料コンテンツを有効に使う方法を紹介しています。

塾で英語ってどうやって勉強しているの?

基本的に個別指導塾では、定めた教科書に沿って大学生が教えてくれたりしていますね。英語の単語や文法、その他英文読解などなど…そのほとんどが、なるべく効率的にされた暗記という作業に終始します。では、家で同じようなことをもっとネイティブな発音で学習できたら、もっともっと子供のためにもなるし、塾代なんかの節約にもなるんじゃないかな?って思っています。実際、にテスターとして子供たちも「youtube」動画を毎日30分くらい見るようにしてもらってから、飛躍的に英語能力が上がっていて、さらには英語アプリで楽しく勉強する子になっちゃっています。ここで思ったのが発音って、英語を楽しむ要素なんだなということです。
小さい子共が、今まで聞き取れなかった英語の発音を聞き取れるようになるのって、ゲーム感覚に近いのかもと、協力していただいたお母さん方がおっしゃっていました。
もちろん!塾を全否定するわけではありません。
受験には塾がもっている受験のノウハウなんかが必要ですし、赤本のように毎年中学や高校、大学が出す入試試験には傾向というのがあり、その受験にかんする専門性で言えば塾に頼るのがやはり効率的です。
ここで一番伝えたいのは、すべてを塾に任せるのではなく、暗記のような単純作業みたいな家でもできるようなことは、より専門性の高い無料コンテンツに頼ってみては?という事です。

英語を嫌いになる原因

3つの英語を嫌いになる理由を知りましょう。

英語を嫌いになる原因

英語の勉強法についてお話しする前に、「どうして英語を好きになれないのか?」をお話しします。
英語を好きになれない原因は1つではないし、人それぞれ違います。あなたはどうして英語を好きになれないのか、原因を見つけ出して、それをつぶすことで英語能力の上達が早くなります。

知らない単語が多すぎる

英語の勉強を始めるとまず悩むのが、この単語なんて意味?小学生や中学1年生に出てくる英単語は、日本ではカタカナ英語として使われているものも多々ありますが、中学2年生レベルからはあっという間に「この単語何?」という単語が出てきて、いつの間にか英語が嫌いなんてことも…

でも、知らない単語が多すぎると、英語というのはただのアルファベットの固まりでしかないので、どんどん英語を嫌いになってしまいます。

単語の発音を知らない

英語は、つづりと発音が一致していない言語です。どうせ英単語は覚えないといけないのだから、一緒に発音も覚えてしまえば一石二鳥ですよね?
発音が分からないと、リスニングの勉強に大きな支障をきたしてしまいます。
ですが、日ごろからリスニングで英単語や英会話を勉強しておけば、意外と簡単に学校で学ぶリスニング英語を聞き取れてしまい、子供たちの英語に対する自信度の深さにも影響してきます。

英語って簡単に好きになれる

実は、この単語を知らないというのと、発音が分からないという2つの理由だけで、英語を嫌いな理由の80%にも上るという統計すらあります。
日ごろから、Youtubeを活用して、子供たちの耳を英語に慣れさせておけば、自然と英語力が上がるのは容易に想像できますね。
たった毎日30分ぐらいのことで、子供たちの英語力が上がり、自身にもつながるのであればやらない理由はありません。

学費・塾代を適切な金額にするために

本当に必要な部分を塾に外注する考え方が重要です

学費・塾代を適切な金額にするために

塾とか習い事などの学費を削ると、親としては子供のためにふがいないとか、何もしてあげれてないとか、あまりいい方向に考えれる親御さんはいないですよね?
もっと塾とか習い事に行かせてあげたかったけど、金銭的な理由から子供3人に満足のいく学費を捻出できてこなかったという声はたくさん聴きます。
しかし、これらのように無料コンテンツを利用することで、塾にいかずとも家でビデオ学習ができちゃう。そんな環境が世の中には整っているのでこれを利用しない手はありません。
ここでは、英語にばかり焦点をあてていますが、もちろん国語、数学(算数)、理科、社会などのYoutubeもありますので、それぞれお子様のレベルにあった学習動画を見つけてみてください。

子供のレベルにあった動画をみつけるのは親の手で

高校生や大学生にもなれば、自分のレベルがどのくらいか?そして、どのあたりを学習すればより効果的かというのを知っています。
しかし、小学生や中学生ともなると、そもそも子供自身が自分のレベルを知らないので、どうすればいいのか分からないなんてことも多いです。
そこで、親の手でYoutubeを検索して、子供にやらせてみて、だんだんと子供のレベルに応じた動画にすり合わせてあげて下さい。
暗記事や予習、復習はほぼ Youtube を利用させていて、塾でやっている事は、子供たちの勉強の進捗のチェックや、苦手な場所、得意な場所、それぞれを塾の先生に見つけてもらって、面談の時なんかに教えて貰う方法も一つです。
後は、家で見るYoutubeをいくつか見つけて勉強させるの繰り返しです。
まずは何事も試してみるのがいいのかな?と思いますので、こちらの記事を読んだママさん パパさんには、特にYoutubeと親和性の高い英語で子供の無料学習を試してほしいです。

PM English Schoolの紹介

英語の学習補助教材

PM English Schoolの紹介

PM Online School が運営する英語チャンネルです。小学生から高校生・大学受験生や英検などの英語の資格試験のレベル別に分けて、英単語や英文、文法など単元別に分けて学習しやすいようにまとめてあります。週に1~2本ほど英語能力UP動画をアップデートしておりますので是非ご活用下さい。また、youtubeチャンネルへは下記リンクよりお進みください。

PM Chinese Schoolの紹介

中国語の学習補助教材

 PM Chinese Schoolの紹介

PM Online School が運営する中国語チャンネルです。中国語検定やHSKなどの資格試験対策として、中国語単語、類義語、中文、文法など分かりやすくカテゴライズして配信しています。週に1~2本ほど英語能力UP動画をアップデートしておりますので是非ご活用下さい。また、youtubeチャンネルへは下記リンクよりお進みください。

さいごに

英語の学習補助教材

塾に通っているから、家庭教師に教えて貰ったからと学校で習う授業を疎かにしている人は逆に非効率って知ってましたか。塾や家庭教師に習った内容を学校の授業を通じて復習できる上に、授業しか聞けない脱線話しが意外と重要だったりします。1度習っている内容であれば自分ならどうやって教えるか考えてから授業に臨むのもいいでしょう。
授業での教え方の違いや注目しているポイントの違いも発見できます。また、自分で授業の内容を事前にシミレーションすることで知らず知らずのうちにアウトプットの勉強にもなります。分かっているつもりになっていた箇所や意外な気づきが生まれるのでおすすめです。頭に知識を詰め込むだけの勉強法では時間が経てば忘れていきます。
ですが、クラス全員が参加して行う授業の中で先生が与えてくれる知識やチャンスはとても有益です。その授業の中で感じたことは感情と一緒に記憶に残ります。授業をどのようにして有益にするのかは貴方の発想と工夫次第でいかようにもかわります。塾や家庭教師に習って分かっている内容の授業であったとしても工夫して授業を有益なものにしましょう。

無料学習コンテンツを利用しましょう!!

おそらく皆様のお子さんが見ているのは、ゲームとか漫画が多いのではないでしょうか?私の子供なんかはそうです(>人<)しかし、ひょんなことからとあることに気が付きました。そういえば、勉強に関する動画もあるはずだよな?調べていけば・・・めっちゃあるやん??しかも、調べれば調べるほど、某大手の塾が配布しているCDとかと比べても、完成度やコンテンツに関してはなんら遜色ないというか…むしろYoutubeのほうがコンテンツ多い分、よっぽど優れています。しかも年々学習系チャンネルも増えている分、質が高くなりその有効性もすごく高いのです。これって、上手に活用すれば通信塾みたいにできるのでは?と考えたのがきっかけで、私共も英語の動画を作るようになりました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。